小さな双葉が、いつしか巨木となり、やがては朽ち果てる。

それが自然の摂理ならば、朽ち果てる前に、この町の年輪を、

小さな形だけのものでも、残しておきたい。

私的宇和島年表

御城下今昔

明治のご城下

大正の宇和島

昭和の宇和島

祭りの音を聞く

あの場所は今

宇和島城山探検隊

癒しの森へ行く

宇和島埋立の記録

新・私の独り言

新・地名考

私の旅日記

城下町宇和島から


inserted by FC2 system