昭和の宇和島

1  

これは岡山の従兄からのもらい物

もう今では見る事の出来ない懐かしい光景である。

撮影は昭和38年、和霊様のお祭りで内港にあつまった船の群れ

この当時のカラー写真そのものも珍しいのではないだろうか

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

下の四枚は従兄から平成25年正月に送ってもらった写真。

いずれも昭和41年(1966)和霊大祭の時の様子


この頃の闘牛場は屋外にあった。(多分和霊神社の裏のほうだったと思う)

おそらくこのような光景を見ることはないだろう。

今よりも若干狭いか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 内港風景(昭和36年)

 盛運社付近(昭和36年)

愛和幼稚園(昭和29年) 

 丸の内和霊神社横 森田外科医院(昭和29年)



準急いよ6号
(昭和36年6月) 
(もしくはいよ4号かも)

ホームの端から撮影、列車の向こうにある踏切は今はもうない。高架橋になった。

丸の内和霊神社
(昭和29年)
国道は未舗装しかも交差点の中央に事故防止、あるいは警官の誘導のためか台があることにご注目。
中央の酒屋は長瀬酒店
(現在丸タク)

正月の露店風景(年月不明)

上の写真は岡山の従兄より提供されたもの

特別編・宇和島の蒸気機関車


本当はここに作るべきですが
スペースの都合上、別の無料
サイトに飛ぶ事になりました。
お手数おかけしますが、上の
写真をクリックしてください。


岩松川のシラウオ(和名・シロウオ)採り
(長い間、保手川だとばかり思いこんでいましたがどうも岩松川だったみたい)

宇和島市立図書館


昔の市立図書館(左)と今の建物(右)
ここの奥に、あのベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」の
作家「片山恭一さん」がお住まいになっていました。
多くの文学少年・少女にとって思いでの深い場所でしょう。
Thanks for a Uwajima public library


昭和40年頃
左に「えんま様」が


宇和島暮色


和霊様の太鼓橋


昔の笹町です。


「えんま様」から


六兵衛坂の反対側


昔の宇和島の周り
には段々畠がありました


九島、現在は農道が周りを
通っています。


昭和40年頃


昔の追手通りの裏道


佐伯町
今は大変交通量が増えました


佐伯町から伊達倉庫に

「えんま様」とは正確には「西江寺(せいごうじ)」というお寺ですが、宇和島ではえんま様という呼び名で通っています。旧暦の1月16日を挟んだ3日間、お寺にある異色の芸術家「村上天心」描くところの、巨大なえんま絵図が公開され、多くの善男善女で賑わいますます。

「えんま様」のお祭りには「ひょうたんの形をしたお菓子が、露天で売られていましたが、最近は行ったことがないのでよくわかりません。

お寺の庭園は、県指定名勝として知られています。決して大きい規模ではありませんが、落ち着いた江戸時代初期に作られた「枯山水」の日本庭園のとして、美しさを持っていますが、借景のために背景の山が、形を変えようとしていることに、寂しい思いがします。

ほとんどのガイドブックには載っています。

TOP


inserted by FC2 system