心機一転

新・私の独り言



7月3日大雨が降った。うちの前はすぐに海のようになる。
プラスチックのスロープはご覧のようにいとも簡単に流される。
大雨が降りそうになると、前もってスロープは一段高い場所に引き上げるようにしている。

我が心の澱もこのように流れていけば良いのだが。

ずっと時間が無く更新することはおろか、資料採取の時間も思うように取れなくなってきた。多分これからもそれは続くことだろう。


宇和島東高第100回校内ボートレース

7月7日土曜日、第100回目となる校内ボートレースが赤松海岸で行われた。
昨夜来の豪雨が明け方まで降り続き、おそらく中止ではないかと思っていたが、朝になると雨はやみ薄日さえさしていた。

私は大浦の埋め立て地まで車で行き、そこから赤松バス停まで無料のシャトルバスに乗って行った。高校の催しに顔を出すなど50年ぶりだった。

正面は赤松遊園地

海岸線に沿って見物のテントが並ぶ

選手は遊園地の裏の砂浜からボートに乗ってスタート地点まで行く。


役員席


沖と中とのデッドヒート。山側(右に先端だけ見える)は遅れている


女子も当然ながら参加


奥のほうから遊園地側を望む

今回は100回記念でOBの参加があった。この人たちは18期生(64歳前後)

一人で出掛けた為に初めはまったく異次元を彷徨う異邦人のような感覚だった。しかし狭い宇和島の町での出来事である。次第に知った顔に出会うようになった。

昼食は持参していなかった。案内ではB級グルメの何かがあるということだった。私は一ヶ150円は高いと思ったが他に食指の動くものがなかったので「パールコロッケ」なるものを買って昼食とした。二ヶ買った。初めに食べたものにはほとんど貝柱が入っていなかった。何じゃ?これは?と思いつつ二個目を食べるとコリッとした歯触り。むらが多すぎる。

帰りは、船で大浦まで帰った。船が出ているとは知らなかった。


7月10日・丸山球場に行った

7月10日愛媛マンダリンパイレーツvs香川オリーブガイナーズの

試合が丸山球場で行われた。私は追っかけるほどのファンでは

ないが、宇和島で行われる試合は出来るだけ見ることにしている。

出掛ける途中、袋町では「十日戎」のお祭りに出会った。


ナイターを見ながらビールを飲むつもりだったので、歩いて出掛けた。

地方局から機関区裏にかけての山で土砂崩れがあった。
(これはずっと以前に発生していたが載せることを忘れていた)

試合開始は午後六時、開場は午後五時。


いやし博応援隊


マスクマン(左から二人目)


対戦相手は香川オリーブ・ガイナーズ

宇和島出身、元千葉ロッテマリーンズ、橋本将選手。1アウトフルベース。
第二球は高々と右中間スタンドに吸い込まれた。

満塁ホームランを放ってホームインする橋本選手

言ってみれば草野球かも知れない。四国の片田舎で観客は420名の球場。

それでも彼はプロ野球へのこだわりを持ち続けて「どさまわり」をしているのだろう。まだまだ、一花も二花も咲かせることが出来る。
私は彼の姿に何かを求めて丸山球場に来たのかも知れない。

この夜見たナイターは真夏の夜の夢だったのか。

本当に筋書きのないドラマのようだった。

それにしても設備は最悪だ。私は本来ならばネットのないところで見たかった。ただ最近は動体視力が低下している。ファールボウルの行方が判らなくなる。

その為に仕方なくバックネットの裏で観戦することにしたが、二階最前列の前には丁度目の高さにご覧のような柵がある。その先には数メートルの広場がある。この丸山球場は愛媛国体の為に改修されたと聞く。松山には立派な大球場があるからそこですれば良いと思うが、いろいろ事情があるらしい。

しかしそれにしても、この視界を遮る、柵は実に目障りだった。


新・独り言のトップ

TOP

これまでの独り言はここ
inserted by FC2 system