心機一転

新・私の独り言


デフラグな日々C

おー!明日から消費税が上がる。とうとうその日がやってきたか。

今日はほとんど部屋の片付けはできなかった。片付け作業に必要

なものを買うためにホームセンターに行くと普段は寂れたような某

ホームセンターも大勢の買い物客で込み合っていた。鳥のえさをま

とめ買いをしたくても予算がないので一個だけ買った。帰り際にポ

ットに入ったトウモロコシの苗が58円で売られていたので三個買っ

てきた。さあ上手く育てて収穫することができるだろうか。今まで3

まともに収穫したことがない。実が大きくなると必ず虫がつく。まだ

小さい時期にヤングコーンとして食べたことはあるが、大きくなって

からのものはまともに食べたことがない。虫に喰われた残りをじっ

たことはあった。かなり甘かったがまるまる一本ではなかった。


 本当は部屋をきれいに片付けて心も新たに新年度を迎えたかっ

たのだが、どうも天は私にその機会を与えてくれそうにもない。すべ

てが中途半端に新年度を迎えそうしてすぐに一つ歳をとる。新しい

パソコンの使い方にも慣れてきたが過敏なキーボードには閉口し

た。ちょっと触っただけで日本語入力が英数になってしまう。文字の

うち間違いが多くて極端に遅くなった。間違いに気が付きバックス

ペースキーを押すつもりが横にあるホームキーに触っただけでカー

ソルが動いてしまう。あっ今気が付いた。XPで使っているキーボー

ドとセブンのものは微妙に配列が違っていた。英数キーとの間隔も

違っている。セブンで使っているキーボードの利点と言えば音が静

かなだけである。セブンをメインに使うようになれば取り替えること

にしよう。書きたいことが山ほどあるのだが時間がないので平成25

年度最後の文章はこれにて終了(3月31日)

デフラグな日々B

今日は記念すべき日となった。部屋の片付けはまだ道半ばではあるが、ようやくランケーブルを別な部屋に通すことができた。ここに至るまでは長い道のりだった。この文章はノートのウィンドウズ7からアップすることにする。今はテキストで打っているがこれをUSB に移してノートに入れてからアップする。風はまだ寒い。昨日墓参りに行ったときなど山は真っ白だった。何年か以前のお彼岸に墓参りに行った時などツバメが飛んでいた記憶がある。手帳にメモしたはずだが、私の勘違いだったのかも知れない。
平成13年の3月24日の夕方宇和島地方は震度5弱の地震に見舞われた。つい最近の夜中の地震も震度5弱であったが、寝ぼけていたので衝撃で目が覚めたものの直ぐに寝てしまった。、それほどの恐怖感はなかった。一番恐ろしかったのは多分1966年夏の地震であっ
た。これも真夜中であったが突き上げるような衝撃で建物が揺れた。空が光ったことを覚えている。震源地は宇和島で、海岸に設置してあるオイルタンクが壊れて油が海に流出したことがあった。余震も頻繁に発生した。今回の地震では余震が起こると報道されているが、あれ以来体感するような地震はない。
同じ震度5弱でも平成13年の地震では我が家はかなり被害があった。当時ある園芸会社で農作業の仕事をしていた。畑に立っていて地面が動くのが感じられた。近くに見える電柱がゆさゆさ揺れていた。夜帰宅すると部屋の中は大変だった。机の引き出しはほとんど飛び出し足の踏み場もない状態だった(現在の状態に似ているが)。机の上にあったサボテンの鉢も落ちて砂だらけになっていた。発生当事室内にいたらさぞかし恐ろしかったことsだろう。今回の地震では棚の上に置いていたものが幾つか落ちていただけだった。朝浜松の友人から心配する電話があった。浜松まで揺れたらしい。メールも沢山もらった。数字の一人歩きでやはり2011年3.11の東日本大震災以来過敏になっているのだろう。あの被害にあわれた方のことを考えるとまた落ち込んでしまう。(3月22日)


土日は安息日にしているのでデフラグは休んだ。うんざりしてきたのだが始めた作業は最後まで貫徹しなければならない、と言うわが身を叱咤する考えがいつまで経ってものんびりとくつろぐ時間を持てなくしているのだろう。

3月15日の土曜日は快晴であった。この日宇和島に新幹線がやってくると言う話を聞いていたのでとりあえず駅に出かけた。新しい時刻表をもらってくるだけの予定であったが、ポスターで見学会があると知って、車を一度家に置き、改めて自転車で宇和島駅に行った。
10時からということで無料の入場券をもらって時間をつぶした。北宇和島方向から駅に向かってくるだろうと私は考え、カメラを構え駅の外で待っていたが時間が近づいても一向にその気配はない。近くいにいた駅員に尋ねるとすでに入っているとのことだった。
慌てて改札口を通ると列車(と言うほどでもないが)はホームに入っていた。
新幹線ひかり号に似せた懐かしい色合いであったが、残念なことにディーゼルカーの形は変えられない。0系の格好はしているものの詰まりのスタイルであったが、またそれはそれで愛嬌だと思わなければならない。どことなくホンダN-BOXを思わせる外観であった。

何時も部屋の片付けをしながら、本当に私は馬鹿だったと思ってしまう。例えば六畳の部屋に八畳用の家具を入れているような状態である。床面積は限られているためにどうしても上に上にものを重ねてしまう。その結果何かを探しても発見できず、安いものであればつい探すことをあきらめて買ってしまうのである。部屋の片付けをしていて百均で買った孫の手が四本も出てきた。本当に私は馬鹿だ。
馬鹿と言えば疲れて思考力が低下すると片付けをしていても堂々巡りになることがある。
自分が馬鹿になってきたことを実感する。(3月16日)


デフラグな日々A

  部屋のデフラグ作業も少し先が見えてきた。とは言ってもまだまだ先は長い。一つの部屋の片付けがおよそ半分終わった状態であろうか。この数週間に指定ゴミ袋で五個出た。如何にこれまできれいにしていなかったのか我ながら情けない。まだ三部屋残ってはいるが、おそらくこの部屋の片づけが完了すれば残りは次第に早くなるのではないかと思う。
 しかし探せど探せど見つけることが出来ないものがある反面、この十年近く探していたものが思いもかけない場所から出てきたことはうれしかった。埃まみれになったSANWAのアナログのテスターである。

 これを見失って以来実に不便を感じていた。部屋の片づけを始めてから、引き出しの中からたくさんの乾電池を発見した。外観からこれはもう使えないだろうと調べるまでもなく判るものもあれば結構きれいな状態のものもあった。百均で買ったバッテリーメータなるものをポケットに入れては、乾電池を見つける度にそれで調べては1.2vまでは使用可それ以下だと廃棄と基準を決めては調べていた。しかしこのメータが実にお粗末である。単に電磁石の原理を利用したもので、電池によっては接続すると針はピンと1.5vまで上がるのだが、そのまま繋いでいると直ぐに下がってくる。それだけで電池の消耗が激しいのだろう。離してからしばらくして調べると針はまた同じように繋いだ瞬間には上がるけれど、すぐに電圧が下がってくる。そのために私は瞬間的な電圧を見るだけであった。
 SANWAのテスターは私が東京にいたとき秋葉原で購入してから内臓電池は一度も交換したことがなかった。ためしに抵抗を調べてみたが、プラスとマイナスを繋いでも針が微妙に震える程度であった。それにしても50年ほど昔の電池がまだ少しは生きていたのかと思うと嬉しかった。近いうちに電池を買ってこよう。

 そう思っていたが翌日裏蓋を開けて電池を取り外したら思わぬ出来事となった。電池の接続部分が取れてしまった。プラスの部分はきれいに離れたのだが、マイナス部分はご覧のように腐食していて折れてしまった。人間でも………。困ったが抵抗が計測出来ないだけで電圧はきちんと測定できるようだ。

 それにしても多分日立マクセルだろうと思うのだが、この電池は実に偉い!


 そのほかにあきらめていたMOドライブや初期の外付HDの電源アダプターも見つけることが出来た。初期の外付けなのでやたら大きいがたった70GBしか容量がない。まだ繋いでいないが多分稼動すると思う.。

 しかし一方で思わぬ邪魔が入ってきた。しばらく外出先から帰ってこなかった猫のぷーちゃんが久しぶりに帰ってきて、片付けをしている私に擦り寄ってきては邪魔をする。猫とはいえど思い切り体をあずけてくるのでわずらわしくて仕方がない。今も私の足元で寝ている為に私は正しい姿勢で机に向かうことが出来ない。一日中しゃがんでいるために腰や背中が痛くなったうえに猫の邪魔が入ったことで私のストレスはたまる一方である。

 それにしても何度も目にする百均のガラクタにはうんざりしてしまう。そんな中先日あるホームセンターで買ったE-RACは実に便利なものだった。百均で以前似たような組み合わせるラックを使ったことがあったが、値段はその7〜8倍はするがL、M,、Sとそれぞれサイズは異なるがきちんと組み合わせが出来、がっしりとしておりLでは加重4kgまで耐えるような文字があった。二束三文とはよく言ったものだ。百均で買ったものはいつの間にかおいた物の重さで変形して使い物にならなくなった。

 それにしても片づけをしていてあきれたのは、ポケットティシュの多さであった。あると便利なのではあるが、家にいる時は普通の箱入りを使ってしまうから溜まってしまう。ポケットティッシュとレジ袋が山のように出てきた。他にも使い捨てライターとかボールペンが山のように出てきた。今度四十歳になる息子が幼稚園に通っていた時に使っていたクレヨンが出てきた。そうだこれから画を勉強しようなどと思ってもいる。

 連日作業をしていたが、最近は安息日をとるようにした。コーヒーブレイクもとるようになり次第に以前の生活パターンに戻り始めた。

 こう書いてからも数日過ぎていった。今日はあの東日本大震災が発生してまる三年目にあたる。私の片付け作業も三年越しとなった。亀の歩みではあるがぼつぼつ整理もつき始めたと思ったが、何時もとんだところで邪魔が入る。今朝も突然電話がかかってきてFMガイヤ(宇和島地域のFM放送)で防災に関する番組があるから聞くようにと地区の責任者からの話だった。それから私の調子が狂い始めた。市から貸与された防災ラジオがあるのだが、これは常に電源に繋いだ状態でスイッチをオフにしていると万一の災害が発生した場合にには勝手に電源が入り放送が受信出来るようになっているものである。便利なようだが室内で電波が弱いためか受信できる場所が限定されている。たまに試験放送がありいきなりラジオがついて驚いたこともある。
 これから作業を始めようとする時間をずっとラジオの傍らで付きっ切りで聞いていた。
 それからいつものように片付けを始めたのだがどうしたことか疲れを感じてきた。これまでこんなことはなかったのだが、とにかく疲れてきた。
 何かこれ以上片付けなどやりたくなくなってきた。いかん、デフラグは途中でやめると大変なことになるらしい。パソコンでの作業で何が嫌いかと言えば、実行し始めると途中で中止出来ない場合があることだ。だいたい実行し始めて残り時間が表示される事が多い。変換ソフトによっては残り時間1時間以上かかるケースもある。部屋の片付けは残り時間が表示9されることはない。
 やれやれ(3月11日)


デフラグな日々@

 気が付けば3月になっていた。あの3.11の大震災からまる三年を迎えようとしている。あの日以来完了していなかった身辺整理を再開してから数週間経過した。時間が許すかぎり毎日のように部屋の片付けに没頭している。先月も書いたのだが、本当に自分を疑うようなものが出てくる。何よりもしゃくに障るのは百均で買ったゴミの山である。クリアファイルは役に立っていると書いたが、これもずっと以前のものに比べると質の劣化がよく判る。昔のものは厚手でしっかりとしていたのだが、最近のものを比べると薄っぺらくなっていることに気が付いた。

 買ってすぐにちぎれたケースのヒンジ↑

 劣化したのは百均の品物だけではなかった。私そのものが劣化していることに気が付いた。今が西暦何年で元号何年かすぐには判らなくなった。免許の書き換えでは高齢者はいきなり本日は何日か?と聞かれるらしい。一昨年母の老化がひどいので郵便口座の管理を私がするようにしたのだが、その時はまだ母は多少自分で文字を書くことが出来た。郵便局の窓口で申請書を出す時母は自宅の郵便番号が思い出せなくなった。私も母にられてうっかり間違えてしまった。子供の頃親類の一人暮らしの老婆の家に行った時、カレンダーにバツ印が軒並み書かれていた。子供ながら今日の日付が判らなくなるといけないので印を付けているのか、と思ったのだが、今まさに私にその必要性が出てきている。

 この上に書いた「デフラグ日々」は本来ならば「デフラグ日々」と書くのが正しい日本語だと思うが、格好つけて「」と書いた。片づけをしながらこれはパソコンのデフラグと同じ作業だとある時思った。W98でデフラグをしなければいけないと言われて始めたのであったが、スクリーンセーバーの停止をしていなかったために、夜寝る前に始めたら朝になっても終了しない。何だ!これはと思ったことがあった。XPになってデフラグは不要だと聞いていたが、やはりドライブを調べると「必要ありません」と出る時と「最適化して下さい」と出る時がある。それでも98に比べると遙かに早い。XPではグラフが出て様子が目で見えたのだが、セブンでは数字が表示されるだけで味も素っ気もなくなった。余計なメモリを使わないという考えからなのだろう。スタートボタンで終了することは同じだが、XPでは再確認のボタンが出たがセブンではいきなり終了してしまう。
 セブンはぼつぼつ練習をしているがXPに比べるとさすがにいろいろな動作が速い。回線も光りに変えたのだが1Gb出るという速度はADSLの頃とそれほど変わらない。

 片づけを始めてから思わぬものを見つけた事がある反面見失ったものもでてきた。カメラのレリーズと望遠レンズのケースがどこに行ったのか判らなくなった。レリーズは机の引き出しに入れていたものをこれはカメラバックに入れておかなければと思って入れた筈なのだが何処に行ったのか判らなくなった。レンズケースは大きなものなのでゴミに出したことは考えられないのだが、まだ見つけていない。ただずっと以前NHKラジオの放送を録音していた先代の林家正蔵の「定九郎」のカセットテープが出てきたのは嬉しかった。さあコーヒーブレイクもここまで。またデフラグな日々を送ることにしよう。(3月3日)

先月に戻る

前に戻る


新・独り言のトップ

TOP

これまでの独り言はここ
inserted by FC2 system