心機一転

新・私の独り言


どうやら花粉症

 1月末インフルエンザB型に感染したことは紛れもない事実。しかしその後いつまでたっても風邪の症状が消えない。自分ではずっと風邪をこじらせたのだろうと思いこんでいた。しかしどうやら花粉症の一つではないかと思うようになった。

 昨年の11月中頃から突然視力が衰えてきた。その後眼科に行ったものの、何も異常はなく「変わりありませんね」と言われた。12月18日、朝起きるとまぶたが腫れていた。まるで前夜飲み過ぎたような顔になっていた。しかも目が充血している。こんなことはこれまでなかった。手もむくんでいる。それが数ヶ月も続いた。最近は手も顔もむくみは無くなったが、その間定期検査のために通院している病院で診てもらっても異常は見られなかった。

 先日の朝、何時もお世話になっているヘルパーさんが「今日は花粉が大量に舞い散っている」と話しているのを耳にした。その日の朝バルコニー(物干し台)に出るまでは何ともなかったのに部屋にもどってしばらくするといつもの通り次第に気分が悪くなっていた私はハタと気がついた。

そうだ花粉症かも知れない!

花粉症といえば目が痒い、くしゃみを連発する、程度の認識しかなく、私には無関係だと思っていた。両目がゴロゴロして痛い。くしゃみもたまに出るがさらっとした鼻水が突然出てくる。軽い頭痛がする。等々これまで私を悩ませていた風邪だろうと思っていた諸症状がいろいろネットで検索してみると「花粉症」という一つの言葉にくくられていることが判った。

花粉症の症状 悪寒などもあるらしい。


http://hadalove.jp/hay-fever-cough-6091

http://www.skincare-univ.com/article/008914/

http://hadalove.jp/hay-fever-hospital-5628

http://freedomnews.jp/540

http://freedomnews.jp/2250

 やっかいなことに私はもともとアレルギー体質である。中学か高校の頃には寒冷ジンマシンに悩まされたことがあった。まだ病院で正確に検査はしていないけれど、難病奇病ではないかと思っていたが多分花粉症なのだろう。

食べ物のアレルギーに比べるとまだましだと思わなければ。
ただ花粉症であろうがなかろうが私の体調は今ひとつ。しばらくはデジカメ片手に市内散策は無理だろう。これまで他人事だと考えていたが花粉症とはやっかいなものだ。

当分サイト更新は無理。


先月に戻る


新・独り言のトップ

TOP

これまでの独り言はここ
inserted by FC2 system