心機一転

新・私の独り言


秋を求めて


またもや四国カルストに行った


五段高原から宇和島方向を見る

 週間天気予報によると、11月14,15日は雨模様であったが16日は保証付きの快晴ということだった。これまで何度も天気予報には苦い思いをしてきたが、今回は何となく的中するような予感がした。

この前大野ヶ原経由で四国カルストに来てからも、二度ばかり下見を兼ねて檮原界隈に来ていた。紅葉は色付きはじめ、山々の木々は秋の装いを始めていた。

五段高原から見た石鎚山(正面左寄り)

五段高原から大野ヶ原方面を見る。正面の丸い丘が大野ヶ原。

五段高原から見る大川嶺。


石鎚山

明神山、山頂にはアメダスが設置されており、30年ほど昔見に行ったことがあった。

早朝だから遠方までくっきりと見渡せる。午後になると白く霞んで来る。

ひとけの無い五段高原。この時の気温は5度C。


ススキの白い穂がまだ残っていると思っていたが、

天狗高原のススキは下のようにもう白い穂をつけているものは少なくなっていた。

国民宿舎「天狗荘」後ろは天狗の森(1485m)
(この辺りは冬になるとかなりの積雪が見られます。)

今回のルートは宇和島−檮原−越知面−地芳トンネルを出て400m下ると国道を左折して県道36号に入り、そこを更に左折して地芳峠に出てカルストの尾根を天狗荘まで走り、その逆を檮原までもどり、檮原からは県道2号線を通り、四万川で(六丁)ドピンクの紅葉を撮ったあと、分丸を経由して城川古市に出て国道197を走り帰宅した。

トンネルが出来て、国道の道幅も広くなったが、地芳峠そのものを目的地とするにはかなり不便である。
檮原からだとトンネル手前で旧道に入る道があるが、これがかなり時間がかかる。一度愛媛県に入り、西谷から左折して行く方が早いと思う。松山方面から天狗荘に向かうには、このルートを推奨しているらしい。

以下紅葉の写真は檮原町国道440号、久万高原町西谷で撮ったもの。

結論・紅葉の色をつかむのは至難の業である。谷間にあるものは日陰が
多いのでなおさら難しい。赤系の色のものは日のあたる場所のほうが良い。
初めはマニュアルで撮っていたが、僅かな明るさの変化に対応が出来ず、
結局オートモードで撮った。


先月に戻る


新・独り言のトップ

TOP

これまでの独り言はここ
inserted by FC2 system