心機一転

新・私の独り言


雪が積もった

 冷やい!
1月24日、西日本各地で記録的なこの冬一番の寒気がやってきたようだ。宇和島でも朝目をさますとうっすらと雪が積もっていた。
これまでミニファンヒーターで寒さをしのいでいたが、この日とうとう耐えきれずにエアコンを付けてしまった。
子どもの頃夜中風が吹き荒れ、その音に何度も目を覚ました。朝になり風の音が嘘のように消えて辺りは静まりかえり、遠くでシャンシャンとタイヤチェーンの音が聞こえる。やった!喜んで飛び起きて外を見ると雪が積もっている。
子どもの頃は寒さが苦にならなかったのだろう。学校に行くと先生が率先して必ず一度は授業そっちのけで校庭に出て雪合戦をした。あの頃は今よりも深く雪が積もっていたように思ったが、それは錯覚だったのだろうか。

珍しそうに物干しから庭を見る「ボン」


最近雪が降ると私はカメラを片手に城山に上ることが習慣になっていた。白と黒の世界の市街地はコントラストがしっかりしていて、写真に撮ると別世界のようである。この日も長靴を履いて城山に向かった。

東高北側の道路



いつもなら車の行き交う国道56号線もほとんど車を見かけることはなかった。

この頃には青空も顔をのぞかせていた。

鳩は寒そうにしていた。

伊予市から南の高速道路は閉鎖となっていた。

平成28年1月24日↑

平成22年1月14日↑

平成22年1月14日↑

平成23年1月31日↑

こうして以前の写真を見てもまったく変化がない。同じくらいの積雪だった。

会話を聞いていたら、どうも台湾から来た人のようであった。

この日は友人の四十九日なので、午後から龍光院に墓参りに出掛けたが、その頃からまた吹雪となった。

お墓から見ると、時折風に吹かれた雪が舞い上がっていた。

南予文化会館の屋根に積もった雪も時折風に吹かれて舞い上がっていた。

龍光院から眺める宇和島城の姿


先月に戻る


新・独り言のトップ

TOP

これまでの独り言はここ
inserted by FC2 system